2017年6月24日 (土)

LaQでハンドスピナー作成過程

最近話題となってたハンドスピナーをLaQで作り、先日、LaQの殿堂のほうに、「LaQハンドスピナー風味」としてアップしました。

P6200247_2
P6200239
P6200243
とてもシンプルな作品ですが、なれたら10秒くらい回ります。
ところで、ツイッターのほうでは随時紹介してましたが、この作品、いきなりこの形で作れたわけではありません。
どう変わってきたか紹介します。
まず最初に作ったのはこちら

P6190201
ただ、コレは、おもり部分が長すぎて、大人の手でもうまく回せない。そして、長さを押さえて
一応回ることを確認して、ツイッターで紹介したのがこちら「ごつごつハンドスピナー」
P6200213
P6200214
P6200217
ただこの作品、外のおもりが安定せず、回転にぶれが生じてしまう。
そのため、すぐ止まってしまい、静止画で回転しているところを取ることは出来なかった。
幻の4方向シャフトがあれば、こんな苦労はしないのにと思ってました。
回転方法は、とりあえず、後で考えるとして、錘を平面にしたら、どのくらい回りやすくなるか試すつもりで接続方法を変えてみると、回転方法も解決したのがこちら
P6200218
P6200219
P6200220
P6200221
P6200222
さらに、ハンドスピナーのイメージに合うように、ホイールの位置を変えたのがこちら↓
P6200223
その後、おもりの形状を変えて、ハンドスピナー風の形になったのでLaQ殿堂にまず登録したのがこちら↓
P6200228_2
P6200233
さらに、持ち難さ解消のため、No2をつけた↓
P6200234
P6200235
この後、親指側にあるNo1による回転部品が不要なことに気がついて、現、殿堂登録作品となりました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

LaQスイートコレクション スイーツパーティ(LaQアンバサダー編)

久々の投稿ですが、6月のLaQの新商品発売ラッシュの中、今回、LaQアンバサダーとして、新商品モニターに参加させていただきました。

まずは、スイートコレクション スイーツパーティの紹介をします。
P6160187
☆↑これらの作品が組み換えで作れます
P6160186
P6170200
注目ポイント! 今では貴重なクリアパーツが入ってます。
では、作れる作品を紹介していきます。
P6170189
1 バースデーケーキ(※ガラスの皿は自前です)
ろうそくの炎はクリアパーツですね。
P6170190
P6170191
2 パフェ(※ガラスの皿は自前です)
これ、結構大変です。・・・盛り付けがね(笑)
P6170193
※追記 スプーンもセットでした。
P6170194
P6170195
3 アイスクリーム(※ガラスの皿は自前です)
ソフトクリームは秀逸ですね。
球状アイスはパフェのアイスがそのまま使えます。
P6170196
4 プチフール(※ガラスの皿は自前です)
小さくまとまってていいですね。
っと、とりあえずここまで。
このスィーツコレクション、作り方が書かれている作品はまだまだあります。
P6170197
P6170198
P6170199
これ以外にも、平面モデルも紹介されてますので、まだ、立体は無理、というお子様も、
LaQの世界に入っていけますよ。
立体作品は、保護者の方と協力して楽しめますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

LaQハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)の使い方(手乗り虎編)

LaQで手乗り虎を作りました。

タイトルのとおり、ハマクロンミニタイヤが仕込まれています。
前回のフロッグ君とは異なり、動かすため、というよりは、ボックスの中央に首を通すためという目的のほうが強かったです。
首自体は、タイヤとは関係なく、少し揺らせます。
P5300177
P5300178
P5300179
P5300180
P5310185
P5300181
P5300182
P5300183
P5300184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

多関節ロボ フロッグ君(ハマクロンミニタイヤホイル無しの使い方編)

前の記事の続き、ハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)の使い方例として、LaQテクニックコンテストに応募し昨日LaQの殿堂にも登録した多関節ロボ フロッグ君を紹介します。

コンテスト応募画像は以前紹介したので完全撮り直しです(デジカメの時刻設定漏れで、日付は初期化されてるけど・・)
こちらで紹介する画像は、殿堂用のサイズ加工前で大きく、かつ、殿堂ではカットした画像もあるよ。
P1010177
↓刀持たせて見ました。手のひらに出る輪ゴムを利用して、両手持ちも手放しでポーズ可能
P1010179
P1010180
↓片手なら輪ゴムを使わなくても、持てます(前のポーズの流れで使ってるかも)
P1010181
P1010182
↓首は少し左右、ちょっと上下に動かせます。
P1010183
P1010184
↓腕は二重関節で結構曲げられます。手部分は輪ゴム接続なので、自由。
P1010185
P1010186
以下は構造の紹介です
P1010187
↓肩はテクニックコンテスト応募説明でも紹介されてたしんじスペシャル(ヨシスペ)で回転
P1010188
↓ハマクロンミニタイヤホイル無しでの関節
P1010190
P1010191
P1010192
P1010193
↓こちらでも使用してます。
P1010194
P1010197
P1010199
↓手の輪ゴム無しでもタイヤは一応、外れません。
P1010200
↓続いて、首の可動部品 こちらでも、ハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)を使用
P1010201
P1010202
P1010203
↓腿の接続はホイル付きタイヤ+シャフトを差し込んで、半回転部品にしたもの。
P1010208
P1010209
P1010210
↓膝の可動はチェーン構造
P1010211
↓かかと表現
P1010212
P1010213
P1010214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

LaQホイル無しハマクロンミニタイヤの使い道(テクニックコンテスト導入編)

LaQのハマクロンミニタイヤは、普通に車輪部品や目の表現として使うことが多いですよね。

ただ、それだけじゃつまらないので、タイヤをはずして、輪ゴムのストッパやNo6や7で挟み込んでの回転部品、キャタピラの車輪表現などとして使ってきました。
P8274106
P8274108
↑輪ゴム固定用に使ったミニホイール
Pb183290
↑ウォーリーの目
Pb153286
↑キャタピラの車輪表現
P4140008
P5230054
↑新星龍神丸の肩回転用部品
しかし、そんなことを続けると、どんどん、タイヤはあまっていく。
この余ったタイヤを何とか使う方法はないかと、今まで、いろいろ試してきました。
P2185037
↑グフのヒートロッド
P6295865
↑同じ構造で、空気入れ
P22250691
↑ドムのジャイアントバズ
P4055335__1_2
↑奈良公園に落ちている物体・・・ひどすぎる(笑)
似たような使い方や、最後は、置いただけというひどい扱い。
こんなことではいけないということで、可動部品として生まれ変わった(?)タイヤの使い方の例として、テクニックコンテストの応募作品を作りました。
続きは次の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«LaQフル可動オオスズメバチ(殿堂バージョン)の作り方、作成しました