« LaQフル可動オオスズメバチ(殿堂バージョン)の作り方、作成しました | トップページ | 多関節ロボ フロッグ君(ハマクロンミニタイヤホイル無しの使い方編) »

2017年4月28日 (金)

LaQホイル無しハマクロンミニタイヤの使い道(テクニックコンテスト導入編)

LaQのハマクロンミニタイヤは、普通に車輪部品や目の表現として使うことが多いですよね。

ただ、それだけじゃつまらないので、タイヤをはずして、輪ゴムのストッパやNo6や7で挟み込んでの回転部品、キャタピラの車輪表現などとして使ってきました。
P8274106
P8274108
↑輪ゴム固定用に使ったミニホイール
Pb183290
↑ウォーリーの目
Pb153286
↑キャタピラの車輪表現
P4140008
P5230054
↑新星龍神丸の肩回転用部品
しかし、そんなことを続けると、どんどん、タイヤはあまっていく。
この余ったタイヤを何とか使う方法はないかと、今まで、いろいろ試してきました。
P2185037
↑グフのヒートロッド
P6295865
↑同じ構造で、空気入れ
P22250691
↑ドムのジャイアントバズ
P4055335__1_2
↑奈良公園に落ちている物体・・・ひどすぎる(笑)
似たような使い方や、最後は、置いただけというひどい扱い。
こんなことではいけないということで、可動部品として生まれ変わった(?)タイヤの使い方の例として、テクニックコンテストの応募作品を作りました。
続きは次の記事で。

|

« LaQフル可動オオスズメバチ(殿堂バージョン)の作り方、作成しました | トップページ | 多関節ロボ フロッグ君(ハマクロンミニタイヤホイル無しの使い方編) »

LaQ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521925/70408773

この記事へのトラックバック一覧です: LaQホイル無しハマクロンミニタイヤの使い道(テクニックコンテスト導入編):

« LaQフル可動オオスズメバチ(殿堂バージョン)の作り方、作成しました | トップページ | 多関節ロボ フロッグ君(ハマクロンミニタイヤホイル無しの使い方編) »