« LaQホイル無しハマクロンミニタイヤの使い道(テクニックコンテスト導入編) | トップページ | LaQハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)の使い方(手乗り虎編) »

2017年5月11日 (木)

多関節ロボ フロッグ君(ハマクロンミニタイヤホイル無しの使い方編)

前の記事の続き、ハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)の使い方例として、LaQテクニックコンテストに応募し昨日LaQの殿堂にも登録した多関節ロボ フロッグ君を紹介します。

コンテスト応募画像は以前紹介したので完全撮り直しです(デジカメの時刻設定漏れで、日付は初期化されてるけど・・)
こちらで紹介する画像は、殿堂用のサイズ加工前で大きく、かつ、殿堂ではカットした画像もあるよ。
P1010177
↓刀持たせて見ました。手のひらに出る輪ゴムを利用して、両手持ちも手放しでポーズ可能
P1010179
P1010180
↓片手なら輪ゴムを使わなくても、持てます(前のポーズの流れで使ってるかも)
P1010181
P1010182
↓首は少し左右、ちょっと上下に動かせます。
P1010183
P1010184
↓腕は二重関節で結構曲げられます。手部分は輪ゴム接続なので、自由。
P1010185
P1010186
以下は構造の紹介です
P1010187
↓肩はテクニックコンテスト応募説明でも紹介されてたしんじスペシャル(ヨシスペ)で回転
P1010188
↓ハマクロンミニタイヤホイル無しでの関節
P1010190
P1010191
P1010192
P1010193
↓こちらでも使用してます。
P1010194
P1010197
P1010199
↓手の輪ゴム無しでもタイヤは一応、外れません。
P1010200
↓続いて、首の可動部品 こちらでも、ハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)を使用
P1010201
P1010202
P1010203
↓腿の接続はホイル付きタイヤ+シャフトを差し込んで、半回転部品にしたもの。
P1010208
P1010209
P1010210
↓膝の可動はチェーン構造
P1010211
↓かかと表現
P1010212
P1010213
P1010214

|

« LaQホイル無しハマクロンミニタイヤの使い道(テクニックコンテスト導入編) | トップページ | LaQハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)の使い方(手乗り虎編) »

LaQ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521925/70527769

この記事へのトラックバック一覧です: 多関節ロボ フロッグ君(ハマクロンミニタイヤホイル無しの使い方編):

« LaQホイル無しハマクロンミニタイヤの使い道(テクニックコンテスト導入編) | トップページ | LaQハマクロンミニタイヤ(ホイル無し)の使い方(手乗り虎編) »